UnityでIWBTGを3Dに -ステージ作成-

Unityの勉強に、2DアクションゲームI WANNA BE THE GUYを3Dにしていこうと思う。全部つくるつもりは無し。満足するか飽きたらやめる。

3Dにすると言っても、しょぼんのアクション3Dみたいに新しいものをつくるわけではなく、あくまでもGUYを元にしてつくっていく。その過程でUnityでのゲーム作成の基本的なところを押さえていきたい。


さっそくステージをつくっていく。

f:id:memonoana:20180809154506p:plain:w400

ステージの大きさは上下がブロック19個分、左右が25個分となっている。3Dにする場合、ブロックの奥行きのサイズも考える必要がある。

とりあえず1ブロックをScale1のCubeとしてつくっていく。奥行きは一旦ブロック1個分にしておく。後々つくってみた感じで調整する。


まずは周りをPlaneで囲む。手前と奥は一旦保留。

f:id:memonoana:20180809164507p:plain:w400


次にCubeを置いていく。2Dの並びを再現するだけなので、スクリプトで一気に並べてしまうのが簡単そう。

int[,] isBlock = new int[,] {
  {1, 1, 1, 0, 0, 0, 1, ... },
  ...
}

こんな感じで19×25の配列を用意、Cubeを置く位置を01で指定して、InstantiateでCubeを置く。意味的には01よりtrue/falseの方がいいと思うけど記述が長くなるので01にした。

f:id:memonoana:20180809182129p:plain

テクスチャとかライティングもやっていきたいところだけどそれはそれで長くなりそうなので一旦保留。


次: Unityで一人称視点アイワナ -プレイヤー移動- - メモの穴